​カリキュラム

Chapter1

SPスポーツマッサージとCLクリニカルマッサージの基礎

  1. SPとCLの疲労回復と身体改善の役割と位置づけ

  2. SPとCLの基本原則

  3. 筋肉の構造と役割

 

Chapter2

お客様とのカウンセリング

  1. 視ると診る

  2. お客様への視るからの質問

  3. 触診での診るからの質問

  4. お客様と身体改善との対話

  5. 疾患を持つお客様、病歴等の対処

 

Chapter3

SPとCLによるアプローチ

  1. 大腿部、下腿部と足部

  2. 上腕部、前腕部と手部

  3. 骨盤部

  4. 上背部と脊椎と腰部

  5. 肩部と胸部

  6. 頭部、顔面部と頚部

ADVANCE

Chapter4

足ツボ

  1. 反射区とは

  2. 足ツボによる効果

  3. 足底

  4. 内側と外側

  5. 下腿部

 

Chapter5

骨盤調整

  1. 骨盤調整の役割と歪みで起こる症状

  2. 手技における筋肉との照らし合わせ

  3. 大腿部との連絡

  4. 臀部との連動性

  5. 腸腰筋と腹部の連動性

  6. 部位によるモービライゼーションと身体にもたらす結果

 

Chapter6

距骨

  1. 距骨の役割

  2. 外側と内側

  3. 下腿部との連動性

  4. 足底との連動性

  5. 部位によるモービライゼーションと身体にもたらす結果

 

Chapter7

ドライヘッド

  1. ドライヘッドの役割

  2. ドライヘッドの位置づけ

  3. 頭部、顔面部と頚部の連動性

  4. 部位による筋弛緩と身体にもたらす結果

 

Chapter8

全身バランス調整

  1. 全身バランス調整の役割

  2. 上背部、脊椎と腰部、肩部と胸部、上記のChapterを含む、全ての身体の連動性

  3. 全身バランス調整がもたらす結果